プロフィール

菊りん

主な出演作[編集]

ビー・バップ・ハイスクール(1985年)

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(1986年)

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987年)

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987年)

新宿純愛物語(1987年)

極道の妻たち(1986年、菊永竜二役)

 

現在、カーイベント、雑誌など出演多数。

【CPE キャットファイト】は、今年の五月で3回目の出場予定。

 

出演依頼などは菊永組までメールで。

f7h5wp@bma.biglobe.ne.jp

オフィシャルブログ 【菊りんビーバップ・ハイテイション】

 

ビーバップ・ハイスクールで、立花のナンバー1

 

 

マンガ版のオリジナルをも超える、インパクトを持っていたと評されている。

「どーもどーも 立花の菊永です。」

ボンタンに雪駄を履いて、パンチパーマに角度の付いた銀縁メガネで、歩み寄ってくる姿を、筆者は幼心にVHSのビデオテープで観ていた。

小学校低学年で観た、主役でも無いキャラクターの、顔のみならず、その一挙手一投足まで、25年たった今でも覚えているというのは、それほど多いことではない。

 

そんな菊りんを、最近、旧車やVIP系のカスタム界で頻繁に見かける。

その仕上がり切ったキャラは、全然変わっていない!!

むしろ以前にも増して磨きがかかっているようにも見えたので、思わず取材に行ってみた。

 

―自分は、当時子供で。ビーバップハイスクールの映画、いつも楽しみに観てました。

菊永さんは、当時、俳優やられていたんですか?

菊りん:いや。ダンプの運転手。

 

―やっぱり若い頃は、暴走族やってたんですか?

菊りん:やってたよ。

中学生くらいから、横浜市保土ヶ谷区で“シルクロード”っていうチーム。

 

―それからは?

菊りん:暴走族やって、右翼やって。

 

―街宣車乗ってたんですか?

菊りん:そう。ダンプだから、右翼でしょ。やっぱり。

 

―それがどうして、映画に出演することになったんですか?

菊りん:たまたま、オーデション。18歳の時にね。

 

―それは、俳優になろうと思ってたんじゃないんですか?

菊りん:いや、別に。遊びだよね。

 

―菊りんは、「18歳の高校生におじさんはないだろう?」っていう有名なシーンがある役ですが、当時本当に18歳で演じてらしたんですね。

菊りん:そうそう。

 

―マンガのキャラクターにそっくりなのは、似てる人を探したってことなんですか?

菊りん:いや、本当は監督はトオルで押そうって言ってくれたんだけど、「長ぇセリフ覚えられねぇよ。」って言ったら、「じゃぁ、番長の菊永で良いや。」って。たまたま決まったのよ。(笑)

 

―その後俳優活動されてたんですよね?

菊りん:いろいろやってたけどね。

大人に騙されて、芸能界が嫌になったね(笑)

 

―最近、本当にあちこちでお見かけするんですが、盛んに活動されていますよね。

 

 

 

菊りん:やってくれっていうのが、多くてね。

 

―“メガネかけて、特攻服着て、ポーズ決めて”ってやつですよね。いつ頃からですか?

菊りん:どんくらいだろうな。3、4年は経つと思うよ。

 

―ヤンキー系のカーイベントとかですよね。

菊りん:VIPとか。旧車とか。格闘技。いろいろね。

 

 

―今後の活動は?

菊りん:別に、これっつって。

一応、なんか押してくてれる人いるんで。ま、ぼちぼちと。

 

―俳優とか?

菊りん:別に、これ以上有名になんなくていいよ。俺は。

若い子がやりたいって言えば、ま、Vシネマでもなんでも、出せるところには出してあげたりしたいね。

 

菊りんグッズ

 

 

―菊りんグッズ、力入れていらっしゃるんですよね?

菊りん:そうだね。なんで売れるんだろう?なんか、菊りんというのが1つのキャラクターになってるらしいよ。

 

―イベント出始めたのは3、4年前ということですが、グッズもその頃から?

菊りん:グッズは2年くらい前かな。ステッカーとかTシャツを始めて。

 

―デザインはどうされてるんですか?

募集したら、描ける人も、描けない人も(笑)。彫師の人まで応募してきてくれて。

最近は、九州の彫ふじさんに頼んでいて、結構和柄とか多く作ってます。

 

 

菊リンステッカー2旧車會「菊永組コーマンズ」 3,000円(税込)

 

菊リンセリフ入り閻魔大王ロンT 5,000円(税込)

 

―イラストを描いてくださる方には、指示みたいなものを出すんですか?

菊りん:俺は、絵は全部特注だから。

例えば、般若って、アイーンってなってんじゃん。「アイーンってあんまなんないようにしてね。」とかって。

 

―この特攻服も格好いいですね。

菊りん:そう。これ良いだろ?俺のオリジナルだから。

これ着てパチンコ行くんだ。買ってくれた奴にも、「これ着てパチンンコ行けよ。」って言ってんだ。(笑)

―それは目立ちそうですね。旧車会のツーリングとかに着て行くのにも最高ですね。

 

WARUMON ショップ 菊りんコーナー

旧車会

 

 

―菊りんグッズは、WARUMON SHOPでも取扱させて頂いていますが、たまに半キャップとセットで売れたりもします。

菊りん:【菊永組 こーまんず】っていう旧車会もやってるしね。僕。

 

―どちらでやられてるんですか

菊りん:横浜と、静岡と、群馬。

 

―支部があるんですね。何人くらいで?

菊りん:そうだね。イベントとか、ツーリングとか、100人くらい集まんじゃないの。

 

今度ね、企画としてやってんのが、旧車の奴を集めて、ハーレーとかもみんな混ぜちゃう。

―ツーリングですか?

菊りん:いや、サーキット借りちゃう。

 

我々は、若者に夢を与えなきゃいけないでしょ。

今、色々しがらみがあって走れない人とかもいるから、「うちらで走る場を作ればいいんじゃないの。」って考えてる。

人が集まるのが好きだからね。

 

―菊永さん、あっちこっち出てるから、もうみんな知り合いですもんね?

菊りん:そうそう。どこの暴走族だった。とかって俺の年くらいになると関係無いからね。そういうのとっぱらっちゃって。仲良くやりたいね。

俺は、和彫りも好きだけど、タトゥーも好きだしね。

旧車乗ってるけど、ハーレー乗ってる人は乗ってる人で良いと思うしね。

 

―菊永さんには、同世代のお仲間がたくさんいて、いつも集まって。うらやましいです。

菊りん:ここのマスターとかも同世代ですか?

先輩だけどね。50歳くらいかな。

あと、俺の友達は、チキン書いてる井口君とか。ちょっと若いのだとバッドボーイズの佐田とかね。

 

菊りん忘年会って一般の人も来ていいんですか?

 

 

菊りん:そうそう来ていいの。

 

―究極のファンサービスですよね。友達になれちゃう。

菊りん:そうそう友達だから。

 

忘年会公開ってすごいですよね。

「来るな来い。」だから、俺は。お高くないから。

こういうファンの子がいるから、スゲー楽しいし、いろんな要望も聞けるし。

 

―今の菊永さんのスタイル、素晴らしいと思います。“友達付きあい”みたいなのが好きなんですね。

菊りん:そうそう。フレンドリーだから。

―菊永さんの人徳ですよ。

彫昌(ほりしょう)

東京都豊島区池袋で彫師として活動中。

WARUMONの編集長として、数多くの著名人にインタビューを行っている。

タトゥースタジオ SEEK

 

WARUMON フォトギャラリー

 

菊りん